豆大福生活

アクセスカウンタ

zoom RSS 究極のアロマテラピー

<<   作成日時 : 2005/08/03 21:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
 師匠にくっついて創香家のKさん宅へお邪魔した。
 Kさんはニューヨークやフランスで研鑽を積み、数々の香水を創ってきた香りのプロフェッショナル。今日は、天然香料で私だけの香水を創ってもらうのだ。カウンセリングと「ダウジング」という手法を活用し、その人の身体や心の状態に最適な香り成分を選んでくれる。「ダウジング」ってのは初体験。TVで、振り子みたいなものをグルグル回し水脈を探し当てたり行方不明の人を探したり、ってのを見たことはあるけれど、あまり興味は持っていなかった。が、先日初めてお会いしたKさんがあまり素敵な女性だったのと、ダウジングのエピソードが面白かったので「をっ?これは、何だか好きそうなカンジがするぞ!」とアンテナが動いてしまった。最近完成したばかりのお住まいが、それはそれは素晴らしくて、梅奴は部屋に入るなり「ここん家の子になりた〜い!」と叫ぶ。

 実を言うと私は香水が苦手だった。上手につけるのが難しいせいだと思うが、他人の香水も苦手で、コンサート会場で隣席のアラミスに酔ってしまったこともある。でも最近、ベルガモットやグレープフルーツ、ユーカリなど、一種類だけのエッセンシャルオイルだと気持ちが良い、ということにも気付いたので、アロマランプで楽しんだりしていた。香味野菜大好き、香りが大事な嗜好品はすべて好きなのだし、お茶屋さんの店先でスーハースーハーしたり、新幹線で隣のオバさまが剥いた夏みかんの香りにうっとりしているのだから、自分の回りにいつも好きな香りが漂っていたらいいな、と思ってもいた。街ですれ違いざまに「なんていい香りの人だろう!」と感じる女性に出会って、憧れてもいた。これは良いチャンスかも!

 まずは冷たいハーブティーを飲みながら世間話。この中で、今の私の状況がカウンセリングされていく。そして、カルテ。名前や生年月日以外に、自分が「香り」に対して望むこと、イメージすることなどを言葉で書くように、と言われる。爽やかさや清々しさ、潔さや「粋な」、、、のような言葉を並べておく。で、これを元にダウジングが始まる。
 大きなラピスラズリの石付きチェーンが、金属製で三角錐状の突起が幾つもついたお皿の上で回ったり止まったりしている。Kさんは右手にそのチェーンを下げ、左手の指で香料の入った瓶に、ひとつひとつ触れていく。最初の3つの瓶に触っても単調にブラブラしているだけだったラピスラズリの重りが、4つ目の瓶に触れた瞬間、生き物みたいにクルクルと円を描きはじめた。ひゃーびっくり。しかも回り方が速いったらない。この反応が表れた瓶は、トレーから抜き出し別にされる。すべての香料を同じ要領で調べ終わると、目の前に10種類余のガラス瓶が残った。これが私の香水の原料だ。このあと似たようなやり方で配合する量を決め、香水レシピが出来上がった。
 ここで選ばれた香りは、今の自分が求めていたり、または補う必要があるものなのだとか。さらにKさんは私の身体や心の状態をダウジングで探ってゆく。指摘される事に思いあたる点が多く驚くが、占いのようなものとは根本的に違うので、へそ曲がりにしては珍しく素直に受け入れる。どんな指摘かは、ここでは内緒。

 次は自分でやる作業。スポイトで、レシピの分量を瓶からビーカーに移してゆく。エッセンシャルオイルは色や、粘度が様々だ。樹液系の香料は、スポイトでは取れないくらいドロリとしていた。すべてを取り出したビーカーに、Kさんが香水用のエタノールを注いでくれた。自分のイメージを浮かべながら混ぜる。アトマイザー付きのガラス瓶に移し、ラベルを貼って完成!
 香水名は、私のファーストネーム。テストとして少しだけ手首につけてもらった。爽やかでキリっとしているけど、最後にかすかに残るのはちょっと異国風?香り。うーん、今まで知っているどんな香水とも、まるで違う。なんだか幸せな気分さえしてくるではないか。これは、私でも使い切れるかもしれないな。
 開封は、明後日、新月の夜です。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
究極のアロマテラピー 豆大福生活/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる